2006年12月17日 (日)

交野山 (山頂)

 晴天の交野山の山頂。交野山の標高は343.5m。山頂には観音岩といわれる巨岩がそびえている。観音岩の周囲は40m、高さは20m。側面には大凡字が刻まれている。360度の眺望があり、眼下には交野・枚方の平野部が広がる。先には淀川の流れ、六甲・北摂の山々を展望する。

Kounosan

Kounosan2

| | コメント (0)

2006年12月10日 (日)

淀川(点野ワンド)

 淀川河川敷の点野ワンド。淀川新橋の少し下流に本流とつながった開放ワンドと沼池のような閉鎖ワンドとがある。開放ワンドは釣り人も多く、冬季にはカモなどの水鳥も見られる。ここではボタンウキクサ、ミズヒマワリ、オオフサモ、ナガエツルノゲイトウなど特定外来生物にリストアップされた植物がよく目につく。ともに繁殖力が旺盛で、他の水辺の生物に悪影響を及ぼすことが危惧されているものである。ワンドの周辺にはイヌゴマ、ヤガミスゲ、ゴキヅル,シロネ、シロバナサクラタデなどの湿地を住処とする在来の植物も多く見られる。淀川の流域において人と水辺とのつながりを遮断された地区が多くなった。このような水の流れに手がとどくところも大切ではなかろうか。

Simenowando

Simenowando2

| | コメント (0)

2006年8月27日 (日)

淀川 (天野川合流点)

 淀川河川敷の天野川合流点付近。淀川に流れ込んでいる川が天野川。天野川の両側が野草地区でかつて移植されたヨシやセイタカヨシの群落がある。左側に見える橋が枚方大橋。対岸が高槻市の大塚地区。 淀川も河川改修が進み、水域と陸域が完全に隔離されたところが多く、かつての原野を住処としていた植物は激減している。

Yodogawa

| | コメント (0)