2010年7月 4日 (日)

ペニーロイヤルミント(シソ科)

 庭で咲き始めたペニーロイヤルミント。和名はメグサハッカ。立性のもと匍匐性のものとがある。強い芳香をもつ。主成分はプレゴン。強い香りはアリよけなどの防虫効果もある。料理に利用するには香りが強すぎる。乾燥させたものはポプリや入浴剤に利用される。花は淡紅色で段状につく。

Peroiyaluminto

| | コメント (0)

2009年7月 2日 (木)

レモンタイム(シソ科)

 公園の花壇で咲いていたレモンタイム。地中海沿岸原産の常緑小低木。学名はThymus × citriodorus 。T. pulegioides(ラージタイム)とT. vulgaris(タイム)との種間交雑種。高さは10-30cm、よく分枝する。葉は披針形~菱形卵形、長さ1cmほど。レモン系の香りがする。花は淡紫色。斑入りや黄金葉、灰白色葉などの多くの園芸品種がある。料理、園芸、ポプリ、ハーブティーなどに利用される。

Lemontaimu

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

キャラウェイ(セリ科)

 公園の花壇に咲いていたキャラウェイ。ヨーロッパ東部原産の二年草。学名はCarum carvi L.。別名ヒメウィキョウ。高さは30-60cm。葉は濃緑色、2回羽状裂葉で裂片はさらに細裂する。花は白色、散形花序。果実は甘い香りとほのかな苦味があり、料理・製パンなどの香辛料として利用される。

Kyaruei2

Kyaruei

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

コエンドロ(セリ科)

 河川敷の草地に咲いていたコエンドロ。ヨーロッバ原産の一年草。薬用植物として平安時代から栽培される。別名コリアンダー。全体にカメムシに似た臭いがする。茎は無毛。葉は3回羽状に分裂。上部の小葉は細く、線形となる。茎の頂きに複散形花序をつける。花弁は白色~淡紫色、花序の外側の花は5枚の花弁のうち2枚が大きい。家庭でハープとして栽培され、逸出し野生化している。

Koendoro

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

キャットミント(シソ科)

公園で咲いていたキャットミント。ヨーロッパ・アジア南西部原産の常緑多年草。学名はNepeta ×faassenii。匍匐性で草丈は30-50cmで低い。葉は対生で卵形、表面には綿毛が生える。花は穂状花序につく。花冠は唇形、青紫色。花壇用、ハーブティやポリプに利用される。花言葉は「自由な愛」。

Catminto

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

ウイキョウ(セリ科)

 薬用植物園で満開のウイキョウ。地中海沿岸が原産、古くから世界中で栽培される。日本には平安時代に中国より渡来。学名はFoeniculum vulgare。別名フェンネル。茎は中空、直立して高さ1-2m、上部で分枝する。全体無毛で粉白色を帯び黄緑色。葉は2回羽状複葉、裂片は深裂して線状~糸状。枝先に複散形花序をつける。小花は黄色。種子・葉・花ともに芳香と甘味があり、香辛料やハーブとして利用される。また薬用として健胃剤や鎮痛剤に使われる。アネトールを主成分とする芳香性の製油を含む。花言葉は「賞賛」。

Uikyou

| | コメント (0)

2008年7月12日 (土)

ヒヨス(ナス科)

 薬用植物園に咲いていたヒヨス。ヨーロッパ~ユーラシア原産の一年草または越年草。全体に腺毛が多く、ビロード状。独特の臭気がある。花冠は径2-3cm、くすんだ黄色で紫色の脈あり。根と葉にヒヨスチアミンというアルカロイドを含み、中枢神経の抑制作用がある。種子も薬用に用いられ、「天仙子」と呼ばれる。古代から鎮痛剤、麻酔剤などに用いられてきた。花言葉は「不完全」。

Hiyosu

| | コメント (0)

2008年5月27日 (火)

フレンチラベンダー(シソ科)

 我が家の庭先に咲いているフレンチラベンダー。ヨーロッパ南西部原産の常緑多年草。学名はLavandula stoechas。別名ストエカス・ラベンダー。葉は青灰色。花穂の先端に花弁状の苞葉が目立つ。花壇や切花、ポプリやドライフラワーに利用される。

Rabenda

| | コメント (0)

2007年9月22日 (土)

ロシアンセージ(シソ科)

 公園の花壇に咲いていたロシアンセージ。中央アジア~コーカサス原産の落葉小低木。学名はPerovskia atriplicifolia。別名サマーラベンダー。よく分枝し、高さは80-150cm。葉は灰緑色で対生、深裂する。花は唇弁花で穂状につき、淡青紫色、径1cm。全草に強い香りがあり、ポプリやクラフトに利用される。

Perovskia

| | コメント (0)

2007年8月 4日 (土)

タンジー(キク科)

 小さなハーブ園で咲いていたタンジー。ヨーロッパ原産の多年草。日本には明治時代に渡来。学名はTanacetum vulgare。別名ヨモギギク。草丈は1-1.5m。葉は羽状複葉で互生、長さ10-15cm。花は黄色、舌状花はなく筒状花のみ。強い香りがあり、ドライフラワーやポプリ、防虫剤や染料に利用される。花言葉は「絶好」「平和」。

Tangi

| | コメント (0)