« 八重咲のムラサキカタバミ | トップページ | ナガミヒナゲシPapaver dubium L. の2type »

2022年1月10日 (月)

イヌネコの実 コノテガシワ(ヒノキ科)

   コノテガシワは中国の北部~西部を原産地と想定されるヒノキ科の常緑樹。果実は球果ではじめ緑白色、10〜11月に褐色になって完熟して裂開する。

 裂開する前の果実をよく見るとなんとなくワンコの顔に見えないだろうか。そしてなんと、果実を縦に切るとワンコ、横に切るとニャンコの顔の形が見られる。イヌネコ(ワンニャン)の実である。

 

1

コノテガシワの果実

  3_20220110194201

果実を縦に切るとワンコ

2_20220110184301

果実を横に切るとニャンコ 

    

|

« 八重咲のムラサキカタバミ | トップページ | ナガミヒナゲシPapaver dubium L. の2type »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八重咲のムラサキカタバミ | トップページ | ナガミヒナゲシPapaver dubium L. の2type »