« イシミカワ(タデ科) | トップページ | エビヅル(ブドウ科) »

2010年11月10日 (水)

サクラタデ(タデ科)

  湿地で咲いていたサクラタデ。水辺や湿地に生える多年草。雌雄別株。根茎を伸ばして群生する。葉は披針形で裏面には腺点がある。葉は乾くと赤褐色を帯びる。花被は淡紅色で長さ4-5mm。雌花は雌しべが雄しべより長く、雄花は雄しべのほうが長くて結実しない。

Sakuratade3

|

« イシミカワ(タデ科) | トップページ | エビヅル(ブドウ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イシミカワ(タデ科) | トップページ | エビヅル(ブドウ科) »