« センダン゛クサ(キク科) | トップページ | コゴメカゼクサ(イネ科) »

2010年9月16日 (木)

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

 山地の林道沿いの草地に咲いていたゲンノショウコ。腹痛の民間薬としてよく知られている多年草。茎や葉柄、花柄やがくなどに毛が多く、腺毛も混じる。花は径1-1.5cm、花柄の先にふつう2個ずつつく。花の色は西日本では紅紫色が多く、東日本では白色が多いとされる。この付近では紅紫色のものが多く、白色やピンク色のものは少ない。

Gennoshyuko4

Gennoshyuko5

Gennoshyuko6_2

|

« センダン゛クサ(キク科) | トップページ | コゴメカゼクサ(イネ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センダン゛クサ(キク科) | トップページ | コゴメカゼクサ(イネ科) »