« ヤマコウバシ(クスノキ科) | トップページ | サンザシ(バラ科) »

2010年1月 1日 (金)

キチジョウソウ(ユリ科)

  山地の谷川沿いの湿った林床に群生していたキチジョウソウ。茎は地面を這って広がる。葉は線形で細長く、3-5本の縦の脈が目立つ。果実は球形で径6-9mm、赤熟する。種子は卵形で長さ4mm。花言葉は「吉事」。

Kitijyousou

Kitijyousou2

|

« ヤマコウバシ(クスノキ科) | トップページ | サンザシ(バラ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマコウバシ(クスノキ科) | トップページ | サンザシ(バラ科) »