« サンシュユ(ミズキ科) | トップページ | キチジョウソウ(ユリ科) »

2009年12月24日 (木)

ヤマコウバシ(クスノキ科)

 山地の尾根道で枯れた葉と実をつけていたヤマコウバシ。高さ3-5mになる落葉低木。葉は枯れても翌年の春ころまで枝に残る。果実は球形で径7mmほど。汁気もなくなり固くなった実をカリッと噛んだらピリッと辛く、独特の香りがした。

Yamakoubasi

|

« サンシュユ(ミズキ科) | トップページ | キチジョウソウ(ユリ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンシュユ(ミズキ科) | トップページ | キチジョウソウ(ユリ科) »