« ヤノネボンテンカ(アオイ科) | トップページ | フヨウ(アオイ科) »

2009年9月25日 (金)

ケイヌビエ(イネ科)

 収穫間近の水田に生えていたケイヌビエ。イヌビエの一変種。水田や河原・荒地などの湿地に多く見られる。葉は無毛で、葉舌がない。小穂は長さ3-4mm、外花頴の先に長い芒がある。芒は紫褐色で長いものでは4cmもある。

Keinubie2

|

« ヤノネボンテンカ(アオイ科) | トップページ | フヨウ(アオイ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤノネボンテンカ(アオイ科) | トップページ | フヨウ(アオイ科) »