« ノジトャ(オミナエシ科) | トップページ | クリサンセマム・ムルチコーレ(キク科) »

2009年4月22日 (水)

ヤマツツジ(ツツジ科)

 山地の林縁に満開のヤマツツジ。高さ1-3mになる半常緑低木。若枝は赤褐色で後に褐色に変わる。春葉は春にでて秋に落葉する。夏葉は小型で夏から秋にでて多くは越冬する。花冠は朱色で径4-5cm、5裂して上側の裂片には濃い色の斑点がある。雄しべは5個、花糸の下半部に粒状の毛がある。花柱は無毛、子房には白長毛が密生する。がくは5裂し、長さ1.5-3mm。明るい林内や尾根によく見られる。

Yamatutuzi

Yamatutuzi2

|

« ノジトャ(オミナエシ科) | トップページ | クリサンセマム・ムルチコーレ(キク科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノジトャ(オミナエシ科) | トップページ | クリサンセマム・ムルチコーレ(キク科) »