« フヨウカタバミ(カタバミ科) | トップページ | ネモフィラ(ハゼリソウ科) »

2009年3月 1日 (日)

スギ(スギ科)

 山地の谷沿いで雄花をびっしりと枝先につけていたスギ。常緑高木、樹冠は円錐形になる。日本における人工造林の面積の最大を占める。葉は鎌形の針状、冬には赤褐色になる。雄花は淡黄色、5-8mmの楕円形で枝先に多数つく。花粉は前年の7月ごろには形成され、11月末までに成熟、寒さの刺激で休眠がさめ暖かくなると飛散する。風媒花で花粉は小さて軽く遠くまで飛んでいく。

Sugi2

Sugi

Sugi3

|

« フヨウカタバミ(カタバミ科) | トップページ | ネモフィラ(ハゼリソウ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フヨウカタバミ(カタバミ科) | トップページ | ネモフィラ(ハゼリソウ科) »