« ネモフィラ(ハゼリソウ科) | トップページ | ツクシスズメノカタビラ(イネ科) »

2009年3月 4日 (水)

キャラボク(イチイ科)

  我が家の庭先で花粉を撒き散らしていたキャラボク。イチイの変種で主に亜高山帯の風衝地などに生える常緑低木。雌雄異株。葉は不規則に螺旋状に並び、先端は尖っているが触れても痛くない。裏面には淡緑色の気孔帯(気孔線)が2状見える。雄花は淡褐色で、多数の雄しべが径5-7mmの球状に集まる。刈り込みにも強く、庭木として各地で多く植栽されている。

Kyaraboku

Kyaraboku2

|

« ネモフィラ(ハゼリソウ科) | トップページ | ツクシスズメノカタビラ(イネ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネモフィラ(ハゼリソウ科) | トップページ | ツクシスズメノカタビラ(イネ科) »