« タチバナモドキ(バラ科) | トップページ | オモト(ユリ科) »

2009年1月 3日 (土)

サネカズラ(モクレンソ科)

 丘陵地の林縁で実がぶら下がっていたサネカズラ。常緑のつる性木本。別名ビナンカズラ。新しい枝は赤褐色を帯び、皮をはぐと粘る。葉は楕円形、厚くて光沢があり、裏面は赤紫色を帯びることがある。液果は小さな球形で多数集まって径2-3cmの球状の集合果となる。種子は長さ5mmの腎臓形、表面はなめらかでつるりとしている。

Sanekazura

Sanekazura5

|

« タチバナモドキ(バラ科) | トップページ | オモト(ユリ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タチバナモドキ(バラ科) | トップページ | オモト(ユリ科) »