« ツルリンドウ(リンドウ科) | トップページ | ウメバチソウ(ユキノシタ科) »

2008年11月24日 (月)

クロヤツシロラン(ラン科)

 薄暗い竹林の林床に群生していたクロヤツシロラン。腐生ランで葉緑素を持たない。花は暗紫褐色、花茎はほとんど伸長せず目立たない。果実は蒴果で果柄が30cmほどに伸びる。この付近では数箇所の竹林で確認されている。

Kupoyatusiroran2

|

« ツルリンドウ(リンドウ科) | トップページ | ウメバチソウ(ユキノシタ科) »

コメント

はじめまして
クロヤツシロランは不思議な植物ですね。
このような生態系は他には無いようです。今、研究中でようやく
共生菌らしきものが見つかったところです。無菌培養しても発芽迄一年もかかりますが、共生菌を発見すると、たった18日で発芽目視確認しました。お暇がありましたら除いてみてください。

投稿: たんざわらんぽ | 2009年2月28日 (土) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツルリンドウ(リンドウ科) | トップページ | ウメバチソウ(ユキノシタ科) »