« タマスダレ(ヒガンバナ科) | トップページ | ホソバイヌタデ(タデ科) »

2008年10月20日 (月)

ツチアケビ(ラン科)

 山地の林縁の竹藪の中に見られたツチアケビ。葉緑素をもたずナラタケの菌糸と共生している腐生ラン。秋にはウィンナーソーセージに似た紅色の果実が熟す。果実の長さは10cmほど、熟しても裂開せず茎いっぱいに下向きに垂れてつく。

Tutiakebi

|

« タマスダレ(ヒガンバナ科) | トップページ | ホソバイヌタデ(タデ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タマスダレ(ヒガンバナ科) | トップページ | ホソバイヌタデ(タデ科) »