« フサジュンサイ(スイレン科) | トップページ | ツリフネソウ(ツリフネソウ科) »

2008年9月20日 (土)

サデクサ(タデ科)

 河川敷の湿地の草地で咲いていたサデクサ。茎には下向きの鋭い刺があり、触れると痛い。葉は互生し、基部は左右に大きく張り出してほこ形になる。托葉は下部が筒状になって茎を包み、上部は葉状となり縁がギザギサに切れ込む。花は枝先に数個づつ集まってつく。この付近では生育に適した環境が減少して、出会うことが少なくなった植物のひとつである。

Sadekusa2

Sadekusa

|

« フサジュンサイ(スイレン科) | トップページ | ツリフネソウ(ツリフネソウ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フサジュンサイ(スイレン科) | トップページ | ツリフネソウ(ツリフネソウ科) »