« ホザキノフサモ(アリノトウグサ科) | トップページ | アメリカタカサブロウ(キク科) »

2008年9月13日 (土)

タカサブロウ(キク科)

 湿った休耕田に咲いていたタカサブロウ。茎は一般的に直立する。葉の基部はやや広がる傾向があり、鋸歯の先端は赤い。頭花は径7mm。総苞片の上部が急に狭まることはない。痩果の縁は平滑でやや翼状になる。アメリカタカサブロウと同じような環境に生育し混生することも多い。開花時期はアメリカタカサブロウのほうが微妙に早い。

Takasaburou

|

« ホザキノフサモ(アリノトウグサ科) | トップページ | アメリカタカサブロウ(キク科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホザキノフサモ(アリノトウグサ科) | トップページ | アメリカタカサブロウ(キク科) »