« オオニシキソウ(トウダイグサ科) | トップページ | ホザキノフサモ(アリノトウグサ科) »

2008年8月28日 (木)

ミソハギ(ミソハギ科)

 山地の湿地で咲いていたミソハギ。茎はほとんど無毛で稜がある。葉は広披針形で対生、茎は抱かない。花は紅紫色で径7-9mm。花弁は4-6個。雄しべは12本、雌しべは1本。雄しべと雌しべの長さの関係から3つのタイプの花がある。写真の花は雌しべの柱頭が長い雄しべと短い雄しべの中間にある「中花柱花」タイプ。水田の畦や湿地に自生し、または植栽されている。

Misohagi

|

« オオニシキソウ(トウダイグサ科) | トップページ | ホザキノフサモ(アリノトウグサ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオニシキソウ(トウダイグサ科) | トップページ | ホザキノフサモ(アリノトウグサ科) »