« ヒヨス(ナス科) | トップページ | ムラサキウマゴヤシ(マメ科) »

2008年7月13日 (日)

ウイキョウ(セリ科)

 薬用植物園で満開のウイキョウ。地中海沿岸が原産、古くから世界中で栽培される。日本には平安時代に中国より渡来。学名はFoeniculum vulgare。別名フェンネル。茎は中空、直立して高さ1-2m、上部で分枝する。全体無毛で粉白色を帯び黄緑色。葉は2回羽状複葉、裂片は深裂して線状~糸状。枝先に複散形花序をつける。小花は黄色。種子・葉・花ともに芳香と甘味があり、香辛料やハーブとして利用される。また薬用として健胃剤や鎮痛剤に使われる。アネトールを主成分とする芳香性の製油を含む。花言葉は「賞賛」。

Uikyou

|

« ヒヨス(ナス科) | トップページ | ムラサキウマゴヤシ(マメ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒヨス(ナス科) | トップページ | ムラサキウマゴヤシ(マメ科) »