« キマメ(マメ科) | トップページ | ウイキョウ(セリ科) »

2008年7月12日 (土)

ヒヨス(ナス科)

 薬用植物園に咲いていたヒヨス。ヨーロッパ~ユーラシア原産の一年草または越年草。全体に腺毛が多く、ビロード状。独特の臭気がある。花冠は径2-3cm、くすんだ黄色で紫色の脈あり。根と葉にヒヨスチアミンというアルカロイドを含み、中枢神経の抑制作用がある。種子も薬用に用いられ、「天仙子」と呼ばれる。古代から鎮痛剤、麻酔剤などに用いられてきた。花言葉は「不完全」。

Hiyosu

|

« キマメ(マメ科) | トップページ | ウイキョウ(セリ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キマメ(マメ科) | トップページ | ウイキョウ(セリ科) »