« イヌゴマ(シソ科) | トップページ | ナガバオモダカ(オモダカ科) »

2008年7月23日 (水)

オトギリソウ(オトギリソウ科)

 丘陵地の林縁の草地に咲いていたオトギリソウ。茎は高さ30-60cm、直立する。葉は先がまるく対生し、基部はやや茎を抱く。葉や花弁・がくには多く黒点が散らばる。花は黄色、径約2cm。雄しべは多数、雌しべは1個。古くから切り傷や神経痛の薬として利用されてきた。花言葉は「迷信」「秘密」。

Otogirisou

Otogirisou2

|

« イヌゴマ(シソ科) | トップページ | ナガバオモダカ(オモダカ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イヌゴマ(シソ科) | トップページ | ナガバオモダカ(オモダカ科) »