« ユリオプス・ウィルギネウス(キク科) | トップページ | アキニレ(ニレ科) »

2008年1月 4日 (金)

ナンテン(メギ科)

 神社の境内に植えられていたナンテン。高さ1-3mの常緑低木。葉は互生で3回奇数羽状複葉。枝先に円錐花序を出す。花は白色、径6-7mm。果実は径6-7mmの球形、赤く熟す。種子は径5-6mmの球形。野山にも自生するが、古くから庭などに植えられている。果実を煎じて咳止めに利用される。

Nanten

|

« ユリオプス・ウィルギネウス(キク科) | トップページ | アキニレ(ニレ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユリオプス・ウィルギネウス(キク科) | トップページ | アキニレ(ニレ科) »