« イヌセンブリ(リンドウ科) | トップページ | シャクチリソバ(タデ科) »

2007年11月 9日 (金)

リュウノウギク(キク科)

 丘陵地の日あたりのよい土手に咲いていたリュウノウギク。高さ40-80cmの多年草。茎は細く、毛が密生。葉はふつう3中裂、大きな鋸歯がある。表面は緑色、裏面は灰白色の丁字状毛が密生。葉を揉むと竜脳に似た香りがする。頭花は径3-5cm、ふつう舌状花は白色。

Ryunougiku_2 

|

« イヌセンブリ(リンドウ科) | トップページ | シャクチリソバ(タデ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イヌセンブリ(リンドウ科) | トップページ | シャクチリソバ(タデ科) »