« ポインセチア(トウダイグサ科) | トップページ | ウラシマソウ(サトイモ科) »

2007年11月25日 (日)

アキグミ(グミ科)

 山地の林縁で実をたくさんつけていたアキグミ。高さ2-3mの落葉低木。葉は長楕円状披針形、裏面は白い鱗片におおわれる。果実は球形~楕円状球形で赤熟、径6-8mm。果実の表面には赤褐色や白色の鱗状毛がある。生食すると甘酸っぱく、渋みが残る。

Akigumi

|

« ポインセチア(トウダイグサ科) | トップページ | ウラシマソウ(サトイモ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポインセチア(トウダイグサ科) | トップページ | ウラシマソウ(サトイモ科) »