« イエロー・バコパ(ゴマノハグサ科) | トップページ | ナツズイセン(ヒガンバナ科) »

2007年8月 1日 (水)

オオキツネノカミソリ(ヒガンバナ科)

 公園の法面花壇の草むらに咲いていたオオキツネノカミソリ。葉は幅10-12cm、下方が幅狭く、裏面の背上部のみに溝あり。花は橙赤色、花被片の長さ7-9mm、雄しべは花被片より長く突き出る。近縁のキツネノカミソリは葉幅が8-10cmと細く、葉は上下同幅で、裏面全長にわたり溝があり、雄しべが花被片より突き出ないことで本種と区別できる。葉は春先に出て、夏の花期には枯れる。ここのものは植栽されたものか、あるいは花壇の土砂に混入したものかもしれない。

Ookitunenobotan

|

« イエロー・バコパ(ゴマノハグサ科) | トップページ | ナツズイセン(ヒガンバナ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イエロー・バコパ(ゴマノハグサ科) | トップページ | ナツズイセン(ヒガンバナ科) »