« パキスタキス・ルテア(キツネノマゴ科) | トップページ | ナンバンハコベ(ナデシコ科) »

2007年8月12日 (日)

ソクズ(スイカズラ科)

 山地の林縁に咲いていたソクズ。別名クサニワトコ。高さは1-2m。葉は対生、奇数羽状複葉で小葉は2-3対、ニワトコの葉に酷似する。茎の先に花序がつく。花は白色、径3-4mm。花冠は深く5裂。花序のところどころに黄色の杯状の腺体がある。腺体から蜜を出して昆虫を呼び寄せる。果実は球形で赤熟する。

Sokuzu

Sokuzu2

|

« パキスタキス・ルテア(キツネノマゴ科) | トップページ | ナンバンハコベ(ナデシコ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パキスタキス・ルテア(キツネノマゴ科) | トップページ | ナンバンハコベ(ナデシコ科) »