« アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科) | トップページ | ウキアゼナ(ゴマノハグサ科) »

2007年8月16日 (木)

シマツユクサ(ツユクサ科)

 河川敷の湿った草地に咲いていたシマツユクサ。九州南部以南に自生する多年草。学名はCommelina diffusa Burm. fil.。花は淡紫色、花弁は3枚。苞の幅がツユクサより細くて先が長く尖る。果実は3室、断面には3個の種子が見える。近年、各地で移入・定着しているのが報告され、淀川でも点在する。

Simatuyukusa

Simatuyukusa2

|

« アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科) | トップページ | ウキアゼナ(ゴマノハグサ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科) | トップページ | ウキアゼナ(ゴマノハグサ科) »