« ナンキンハゼ(トウダイグサ科) | トップページ | ウチワゼニクサ(セリ科) »

2007年7月11日 (水)

ヒメヤブラン(ユリ科)

 田んぼの土手の草地で咲いていたヒメヤブラン。長い根茎をひいて群生する。葉は細い線形で長さ10-20cm、縁に鋸歯はない。花茎は直立し、狭い翼がある。花は疎らな総状花序につき、淡紫色で径1cmほど、上向きに咲く。雄ずいは6個、花被片より短い。果実は黒色に熟す。

Himeyaburan

|

« ナンキンハゼ(トウダイグサ科) | トップページ | ウチワゼニクサ(セリ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナンキンハゼ(トウダイグサ科) | トップページ | ウチワゼニクサ(セリ科) »