« フデリンドウ(リンドウ科) | トップページ | オオマツバウンラン(ゴマノハグサ科) »

2007年5月 5日 (土)

オタルスゲ(カヤツリグサ科)

 山地の湿地に群生していたオタルスゲ。叢生し大株となる。稈や葉はざらつく。基部の鞘は赤褐色~茶褐色、糸網を生じる。頂小穂は雄性、側小穂は雌性で下垂する。果苞は平滑で無脈。柱頭は2岐。

Otarusuge

Otarusuge2

|

« フデリンドウ(リンドウ科) | トップページ | オオマツバウンラン(ゴマノハグサ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フデリンドウ(リンドウ科) | トップページ | オオマツバウンラン(ゴマノハグサ科) »