« ワサビ(アブラナ科) | トップページ | フキ(キク科) »

2007年4月 1日 (日)

ネコヤナギ(ヤナギ科)

 小雨の中、丘陵地の林縁に咲いていたネコヤナギ。河辺や道路の法面などに生育する落葉低木。よく枝分かれして高さ1-3mになる。葉が開く前に開花する。花序の先端は北を指す。雄しべは2本が合着し、1本に見える。葯は紅色で後に黒色になる。雌花は腺体が1個、子房は有毛で無柄。写真は雌花。

Nekoyanagi

|

« ワサビ(アブラナ科) | トップページ | フキ(キク科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワサビ(アブラナ科) | トップページ | フキ(キク科) »