« ネコヤナギ(ヤナギ科) | トップページ | タガラシ(キンポウゲ科) »

2007年4月 2日 (月)

フキ(キク科)

 山手の畑の畦間に見られたフキ。フキノトウは幾重もの淡緑色の鱗状の苞におおわれたフキの花芽。ほろ苦い早春の味がする。春の息吹そのもの。雌雄異株。雄花は白黄色、雌花は白色。雄株は花が咲くと枯れてしまう。フキは日本特産の最も古い野菜のひとつ。フキノトウはつぼみがまだ固く小さいものが食べやすい。花言葉は「愛嬌」「公平」。

Huki

|

« ネコヤナギ(ヤナギ科) | トップページ | タガラシ(キンポウゲ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコヤナギ(ヤナギ科) | トップページ | タガラシ(キンポウゲ科) »