« フキ(キク科) | トップページ | クサノオウ(ケシ科) »

2007年4月 3日 (火)

タガラシ(キンポウゲ科)

 河川敷の湿地に群生していたタガラシ。噛むと辛味がある。春先の水田や水路などの湿ったところに生育する。茎や葉はふつう無毛。葉は長い柄があり、3裂する。花は径8-10mm、雄しべは円錐形の花床の上に並んでつく。花後に花床が伸びて楕円形の集合果となる。植物体にプロトアネモニンを含み有毒。

Tagarasi_1

|

« フキ(キク科) | トップページ | クサノオウ(ケシ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フキ(キク科) | トップページ | クサノオウ(ケシ科) »