« アリアケスミレ(スミレ科) | トップページ | キクバスミレ(スミレ科) »

2007年4月17日 (火)

タチツボスミレ(スミレ科)

 丘陵地の土手の草地に咲いていたタチツボスミレ。地上茎があり、托葉は櫛の歯状に深く切れ込む。花は径1.5-2cm、淡紫色。花柄は葉のつけ根と株の根元からでる。ふつう花柄には毛がない。山手ではごく普通に見られるスミレの仲間。毛の有無や葉の形態など変異も多い。

Tatitubosumire

|

« アリアケスミレ(スミレ科) | トップページ | キクバスミレ(スミレ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリアケスミレ(スミレ科) | トップページ | キクバスミレ(スミレ科) »