« ルリムスカリ(ユリ科) | トップページ | シナレナギョウ(モクセイ科) »

2007年3月23日 (金)

シキミ(シキミ科)

  お寺の境内に咲いていたシキミ。山地に自生する常緑小高木。高さは2-5mになる。葉は長楕円形、厚くて光沢がある。透明な油点があり、傷つけると特有の香りがする。樹皮や葉から線香や抹香がつくられる。花は両性で径2-3cm、葉腋につく。。花被片は淡黄白色、花弁状で10-20個がらせん状に並ぶ。雄しべは約20本。枝を仏壇や墓に供えたり、葬式に使われることから寺院や墓地に植えられることが多い。アニサチンを含み、果実は特に有毒。

Sikimi

|

« ルリムスカリ(ユリ科) | トップページ | シナレナギョウ(モクセイ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルリムスカリ(ユリ科) | トップページ | シナレナギョウ(モクセイ科) »