« ノイバラ(バラ科) | トップページ | ウインター・コスモス'イエロー・キューピッド'(キク科) »

2007年2月 9日 (金)

イヌカタヒバ(イワヒバ科)

 道端の人家の石垣で真っ赤に紅葉していたイヌカタヒバ。石垣島・西表島などの八重山諸島に自生するシダ植物。日本庭園や盆栽として栽培され、日本各地に逸出して分布を広げている。茎は直立し、3-4回羽状に分枝する。葉は2型あり、大きい腹葉と小さい背葉をつける。近縁のカタヒバとは背葉の辺縁に白膜と縁毛があり、先端が芒状に伸びることで区別される。最近、人家近くの石垣や斜面で見られることが多くなった。

Inukatahiba

Inukatahiba2

|

« ノイバラ(バラ科) | トップページ | ウインター・コスモス'イエロー・キューピッド'(キク科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノイバラ(バラ科) | トップページ | ウインター・コスモス'イエロー・キューピッド'(キク科) »