« ツルヨシ(イネ科) | トップページ | メリケンカルカヤ(イネ科) »

2007年2月 4日 (日)

リョウブ(リョウブ科)

 雑木林の林縁に枯れた果穂が多く垂れ下がっていたリョウブ。日あたりのよい乾いた樹林内に多い落葉小高木。夏に枝先の長い総状花序に多数の白い花をつける。果実は径3-4mmの平たい球形、褐色に熟して毛が多い。熟すと裂開して小さな種子を出す。幹はなめらかで、樹皮が不規則にはがれたあとが鹿の子模様となって目立つ。庭や公園などにも植栽される。

Ryoubu

Ryoubu2

|

« ツルヨシ(イネ科) | トップページ | メリケンカルカヤ(イネ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツルヨシ(イネ科) | トップページ | メリケンカルカヤ(イネ科) »