« キヅタ(ウコギ科) | トップページ | タコノアシ(ユキノシタ科) »

2007年1月22日 (月)

カラスウリ(ウリ科)

 河川敷の草地の枯れ草に赤い実が目立ったカラスウリ。つる性の多年草。茎は細く、巻きひげで他の草木に絡みつく。雌雄異株。果実は長さ5-7cmの球形~楕円形、熟すと鮮やかな朱~赤色。果皮の内部には黄色の果肉にくるまれた種子がある。果肉はほんのり甘くて苦い。種子は艶がある黒褐色、「カマキリの頭部」・「大きな耳を持った大黒様の顔」・「結び文」などと形容されるような特異な形をしている。

Karasuuri2

Karasuuri3

|

« キヅタ(ウコギ科) | トップページ | タコノアシ(ユキノシタ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キヅタ(ウコギ科) | トップページ | タコノアシ(ユキノシタ科) »