« オニノゲシ(キク科) | トップページ | フリソデヤナギ(ヤナギ科) »

2007年1月28日 (日)

ノゲシ(キク科)

 路傍の陽だまりに咲いていたノゲシ。ヨーロッパから世界中に広がり、日本には古い時代に中国を経由して入ってきたと考えられている。別名ハルノノゲシ。茎は太くて無毛、中空で高さ1mほどになる。頭花は径2cmほど。類似種のオニノゲシとは次のような点で識別できる。葉は柔らかく淡緑色、光沢が少ない。中部以上の葉の基部は3角形の耳状となって茎を抱く。痩果は縦の肋の間に横じわが目立つ。

Nogesi4

Nogesi2_1 

|

« オニノゲシ(キク科) | トップページ | フリソデヤナギ(ヤナギ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オニノゲシ(キク科) | トップページ | フリソデヤナギ(ヤナギ科) »