« フヨウ(アオイ科) | トップページ | カラスウリ(ウリ科) »

2007年1月21日 (日)

キヅタ(ウコギ科)

 公園のフェンスに絡みついていたキヅタ。常緑のつる性木本、林縁や林内に自生する。茎から付着根を出し、他のものに吸着してよじのぼる。葉は革質で表面は光沢がある。径2.5-3cmの球状の散形花序をつける。花は両性で径1cmほど、花弁は5個で反り返る。雄しべは5個、葯は黄色で裂開すると褐色。秋~冬に咲く。日陰にも強く、庭や公園でグランドカバーや壁面緑化などにも使われる。

Kizuta

|

« フヨウ(アオイ科) | トップページ | カラスウリ(ウリ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フヨウ(アオイ科) | トップページ | カラスウリ(ウリ科) »