« ブロッコリー(アブラナ科) | トップページ | シャシャンボ(ツツジ科) »

2007年1月 3日 (水)

カナメモチ(バラ科)

 団地の中の雑木林の斜面でたくさんの実をつけていたカナメモチ。葉は革質で縁に細かい鋸歯、表面には光沢がある。果実は赤熟し、径5mmほどの楕円状球形。先端にガク片が黒紫色になって残る。1個の果実の中には種子が1-4個入っている。材はかたく、日本産の木材の中では最も比重が大きいもののひとつ。乾燥や刈り込みに強く、若葉や花がきれいなことから庭に植栽されることがある。

Kanamemoti

Kanamemoti2

|

« ブロッコリー(アブラナ科) | トップページ | シャシャンボ(ツツジ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブロッコリー(アブラナ科) | トップページ | シャシャンボ(ツツジ科) »