« 交野山 (山頂) | トップページ | コバノランタナ(クマツヅラ科) »

2006年12月18日 (月)

ウラジロノキ(バラ科)

 山の尾根筋の林縁に見られたウラジロノキ。もうすでにほとんど落葉して、果実がわずかに落ち残っている。葉は欠刻状の鋸歯があり、裏面や葉柄には白い綿毛が密生する。落葉になってもその白さが目立つ。果実はナシ状果で、長さ1cmの楕円形。赤く熟し、白い皮目が目立つ。果肉には石細胞が多く、種子は4個。食べられるがタンニンが多いので苦味がある。秋には紅葉し、成長が早く、萌芽力も旺盛で庭木として植えられることもある。

Urazironoki

Urajironoki2

|

« 交野山 (山頂) | トップページ | コバノランタナ(クマツヅラ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 交野山 (山頂) | トップページ | コバノランタナ(クマツヅラ科) »