« オギノツメ(キツネノマゴ科) | トップページ | モミジバフウ(マンサク科) »

2006年11月23日 (木)

アキノノゲシ(キク科)

 川辺の草地に咲いていたアキノノゲシ。花期もいよいよ終盤で元気も少ない。茎や葉を切ると白い汁が出る。昔は馬や鶏のエサにもされた。もちろん若芽や柔らかい茎先は食用となる。花は日中だけ開き、夕方には閉じる。葉の切れ込みのないものをホサバアキノノゲシというが、葉の切れ込み以外は区別点はない。痩果は扁平な楕円形。花言葉は「控えめな人」。

Akinonogesi

Akinonogesi2

|

« オギノツメ(キツネノマゴ科) | トップページ | モミジバフウ(マンサク科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オギノツメ(キツネノマゴ科) | トップページ | モミジバフウ(マンサク科) »