« オオベンケイソウ(ベンケイソウ科) | トップページ | ヤナギバヒマワリ(キク科) »

2006年10月13日 (金)

コブナグサ(イネ科)

水田の湿気の多い畦に群生して咲いていたコブナグサ。叢生して大きな群落をつくる。葉は狭い卵形で、基部が茎を抱いている。葉の形を小鮒に見立てて「小鮒草」。茎の先に長さ3-5cmの細い花穂を放射状に3-10個つける。古くから黄色に染める染料として利用される。八丈島ではカリヤスと呼び、全草を黄八丈の染料に使う。

Ss2006_1009_

|

« オオベンケイソウ(ベンケイソウ科) | トップページ | ヤナギバヒマワリ(キク科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオベンケイソウ(ベンケイソウ科) | トップページ | ヤナギバヒマワリ(キク科) »