« ジュランタ・タカラヅカ(クマツヅラ科) | トップページ | ノコンギク(キク科) »

2006年10月30日 (月)

アカバナ(アカバナ科)

 山手の湿気の多い休耕田の草地に見られたアカバナ。一面の枯草の中に点々と残っている紅紫色の花が目にとまる。花後には長い棒状の蒴果をつける。蒴果は熟すと4裂し、冠毛の生えた種子が風で飛散する。

Ss2006_1028_

|

« ジュランタ・タカラヅカ(クマツヅラ科) | トップページ | ノコンギク(キク科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュランタ・タカラヅカ(クマツヅラ科) | トップページ | ノコンギク(キク科) »