« コリウス(シソ科) | トップページ | キバナコスモス(キク科) »

2006年9月15日 (金)

チョウジタデ(アカバナ科)

 水田の畦間に咲いていたチョウジタデ。稲作の伝来とともにもたらされた史前帰化植物とあると考えられている。花は黄色でも葉腋につく。がくや花弁は4個または5個。茎は稜があり角張る。根元に立ち上がった白い呼吸根を出すこともある。

Tyoujitade

|

« コリウス(シソ科) | トップページ | キバナコスモス(キク科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コリウス(シソ科) | トップページ | キバナコスモス(キク科) »