« ダンゴギク(キク科) | トップページ | サルビア・インデゴスパイア(シソ科) »

2006年8月29日 (火)

サルビア・グアラニティカ(シソ科)

 道路わきの花壇で咲いていたサルビア・グアラニティカ。学名はSalvia guaranitica。ブラジル・パラグアイ・アルゼンチン原産。花冠は暗青菫色、蛇が口を開いたような形をしている。がくや茎が黒い。小低木で寒さにはやや弱い。花は夏から初秋まで咲き続ける。園芸上は「メドーセイジ」の名で流通している。街中を歩くと庭先などに結構植えられていることに気づく。

Sorairosarubia

|

« ダンゴギク(キク科) | トップページ | サルビア・インデゴスパイア(シソ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンゴギク(キク科) | トップページ | サルビア・インデゴスパイア(シソ科) »