« カボチャ(ウリ科) | トップページ | ゲンノショウコ(フウロソウ科) »

2006年8月 1日 (火)

ミソハギ(ミソハギ科)

 湿った休耕田で群生していたミソハギ。旧盆のころに紅紫色の花を穂状に咲かせ、仏前のお供えにもよく使われる。ミソハギは「禊萩」の意味で、汚れを払うための禊ぎにこの花を飾ったことによる。水湿地を好み、この付近でも平地や丘陵地の湿地や田の溝などに自生しているが、放任されたところでは次第に他の草に負けてしまう。どちらかというと人の手の入った環境によく見られる。

Misohagi

|

« カボチャ(ウリ科) | トップページ | ゲンノショウコ(フウロソウ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カボチャ(ウリ科) | トップページ | ゲンノショウコ(フウロソウ科) »