« クサレダマ(サクラソウ科) | トップページ | ツチアケビ(ラン科) »

2006年7月 8日 (土)

スィートバジル(シソ科)

 家庭菜園で咲いていたバジル。バジリコの名前で知られている。アジア南部・中東・イラン原産で、日本には江戸時代に渡来。学名はOcimun besilicum L.。夏に白い花が輪生する。香りが強く、スパゲッティやサラダなどの料理に使われる。バジルにはスィートバジルのほかに赤紫色のダークオパールや矮性種のブッシュバジル、シナモンの香のシナモンバジルなどがある。和名の「メボウキ(目箒)」は種子を水につけてできるゼリー状のものを使って目を洗うことからの由来。

Baziru

|

« クサレダマ(サクラソウ科) | トップページ | ツチアケビ(ラン科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クサレダマ(サクラソウ科) | トップページ | ツチアケビ(ラン科) »