« イシミカワ(タデ科) | トップページ | ムラサキエノコログサ(イネ科) »

2006年7月17日 (月)

ヌマトラノオ(サクラソウ科)

 湿った休耕田の縁に咲いていたヌマトラノオ。池や田などの水辺や湿地に生える。地下茎が這って広がるので群生していることが多い。近縁のオカトラノオに比べて花穂がほっそりとして直立して咲く。白い花は:径8mmぐらい、花冠は5裂する。茎はほとんど分岐せず、基部は赤みをおびる。近辺の平地では水辺環境の減少・悪化により、見ることが難しくなった。

Numatoranoo

|

« イシミカワ(タデ科) | トップページ | ムラサキエノコログサ(イネ科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イシミカワ(タデ科) | トップページ | ムラサキエノコログサ(イネ科) »