« ヒメマツバボタン(スベリヒユ科) | トップページ | ヒャクニチソウ(キク科) »

2006年7月29日 (土)

アキノタムラソウ(シソ科)

 丘陵地の農道ぎわに咲いていたアキノタムラソウ。道端や林縁で淡い紫色の花を輪状にたくさんつける。自家受粉を避けるため、雌しべが伸びる前に雄しべが先に熟す。この付近では花冠や花穂軸に腺毛と開出毛を混生する型が多く、無毛のものはごく少ない。

Akinotamurasou

|

« ヒメマツバボタン(スベリヒユ科) | トップページ | ヒャクニチソウ(キク科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒメマツバボタン(スベリヒユ科) | トップページ | ヒャクニチソウ(キク科) »