« キバナノマツバニンジン(アマ科) | トップページ | タイサンボク(モクレン科) »

2006年7月 5日 (水)

コマツナギ(マメ科)

 公園の草地に咲いていたコマツナギ。林縁から荒地まで広い範囲で普通に見られる小低木。花穂の下から花は咲き上げる。空中窒素を固定する根粒菌と共生し、河原や荒地の陽の良く当たる痩せた土壌にもよく繁殖する。細菌に光合成でできた炭水化物を与え、根粒からたんぱく質やアミノ酸を得ている。

Komatunagi

|

« キバナノマツバニンジン(アマ科) | トップページ | タイサンボク(モクレン科) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キバナノマツバニンジン(アマ科) | トップページ | タイサンボク(モクレン科) »